Text Size :  A A A
  top  」「  店舗案内  」「  蜂蜜について  」「  日記  」「  通販  」「  Link  
 
蜂蜜について
今から40年程前、ひょんなことことからおじいちゃんが養蜂業を始めました。
現在は両親が引き継いでやっています。
5月、6月は和歌山、6月から9月はまた違う花を求めてミツバチ達と一緒に北海道へ移動します。
 
蜂蜜のすごさは、世の中がどんどんと進化してきても、大昔から何も形を変えず今に至っていることです。季節のめぐりに添ってミツバチが飛び廻り、そこから得ることのできる蜂蜜は、自然界からの天然の恵みであるということが一番の魅力です。
慌ただしい毎日の中で、少し目を閉じて想像してみてください。少し離れた山では今日もミツバチ達がブンブンと動きまわり、小さい体でコツコツとハチミツを運んでいます。
そうして集められたおいしい蜂蜜を是非食べて頂きたいです。




 
「味について」


蕎麦

白い小さな花をつけ、北海道で見る広大な真っ白い花畑は圧巻です。黒糖のように香ばしい、個性的なはちみつ。ビターな甘さは、大人のためのはちみつ!クロワッサンやコーヒー、ナッツ漬け、またホットケーキやワッフルに、メープルシロップ代わりに使うのもおすすめ。バニラアイスクリームに温めたハチミツを掛けてもおいしい。意外に万能です。


はぜ

はぜという大きな木に咲く、ちっちゃくて黄色い花から採れる蜜はすっきりとした味わいのはちみつです。爽やかなはぜ蜜は、夏に飲みたいアイスドリンクにもおすすめです。体力を消耗する夏には、飲み物に入れてしまうのが一番お手軽です。砂糖のように後味が甘ったるくならないのでアイスドリンクにはちみつ、お勧めです。


蜜柑

白い花が咲き始めると、その周辺はとてもいい香りに包まれます。みかんを思わせる、さわやかな酸味と甘いさわやかな香り。さっぱりとした甘さで、毎日のトースト、ヨーグルトにぴったり。またジュースにするなら一押しです。はちみつレモンジュース最高です。


百花

みつばちのオリジナルブレンドです。今年の百花蜜は大変コクのあるお味。チーズやコーヒーのお砂糖の変わりにもお勧めです。今年大変貴重なハチミツです。





「花の紹介」

 


















「蜂場の紹介」

和歌山は、蜜柑の蜂蜜を中心にはぜ、あおき(もーちの木)などが採れます。
春の訪れを知らせるうぐいすの声を聞きながら、今年の採蜜がスタートします。
 
 
自然豊かな北海道で採れる蜂蜜は濃厚です。
稀に熊が出没し、養蜂家仲間の中で話題になります。






「採蜜について


花の咲いている期間は短く、蜂蜜を採れる回数も限られます。
多い時でさえ、採れるのは3回くらいです。
採蜜はすごく簡単にご説明すると、巣についたたくさんの蜂たちを振り落とします。
ものすごく力もいるし、蜂にも刺されます。
その巣を蜂の箱から離れた所に持って行き、蜜蓋がかかっているところを包丁でそぎ落とします。
蜂蜜がたくさん入った巣はとても重くて、片手で持ち上がらないときもあります。
遠心力でゆっくりと巣を回転させる機械で(洗濯機みたいなイメージ)まわし、出てきた蜂蜜を受けます。
とてもシンプルな作業です。





「使い方」

 
ハチミツは保存性、殺菌性に優れており、また疲労回復、栄養補給、老化防止、美肌作用にもいいと言われています。
また万病に効き、常用すれば不老長寿の薬であると、その薬効を記載している昔の文献もあるようです。


使用例

・低血糖の方。目覚めにひとさじ・・エネルギーに早くかわります。

・下痢、便秘気味の方、整調作用があります

・殺菌性があり、口内炎のできたところに
 ハチミツをすり込む(何度かくりかえす)と早く直りやすい。

・顔パック。洗顔後にハチミツを顔全体に塗り時間をおいて流すと
 つるつるになります。
 同じく、シャンプーにすこし混ぜてあらうと、潤います。



「蜜蝋について」